CFRP事業部
ドライカーボン(CFRP)製品の製造に関わり、すでに数々の製品を生産してまいりました。オートバイや自動車等の内外装パーツからテーブル、チェア、アタッシュケースといったアクセサリーなどを“CARBON DRY”オリジナルブランドを構築し、日本国内のみならず海外からも好評をいただいております。
本来ドライカーボン製品は航空産業やフォーミュラ1やMOTO GPなどのレース界などで多用されていますが、最終仕上げにこだわることはさほどありませんでした。
ドライカーボンは紫外線に弱いというウィークポイントをカバーするコーティングを独自の手法で施して、ドライカーボンのもつメリット;軽量、高剛性を両立しています。 ドライカーボン(CFRP)製品 受託製造

カーボンドライジャパンでは、ドライカーボン(CFRP)製品開発・生産のOEM/ODMのご相談を幅広く承っております。
デザイン、モデリング、試作、量産に至るまで、全ての工程を一貫して社内と協力工場の連携で行っており、過去に類を見ないハイクオリティ、低価格を実現しています。
FRPやABSなどの非金属をCFRPに、アルミやステンレスなどの金属をCFRPにする事によって、軽量、強度や耐久性などを見直す事が可能になります。
なにかご質問等がございましたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

耐候性/耐久性/仕上げ

ドライカーボン製品は複雑な工程を経て製造されますが、通常オートクレーブから取り出された製品は表面の光沢がありません。これこそがドライカーボンの証しとする方もいらっしゃいますが、実は紫外線に弱く経年変化によって黄ばんできます。短期間しか使用しないレーシングカーのパーツや機体内部の構造物として使用する航空機などは不要ですが、日常で使用する事が前提となる製品については表面をコーティングする必要性があります。
実際にはドライカーボン製品の表面コーティングは大変難しく、通常奇麗な表面にしようとすると何度もコーティングを施さないと仕上がりません。しかし、そうすると重量と厚さが嵩み、ドライカーボンとしてのメリットが半減してしまい、製品として成り立たなくなる場合もあります。
当社では特殊技術により、最小限のコーティングで表面を奇麗に仕上げる事に成功しており、重量や厚さを必要以上に増やす事なく、ドライカーボン製品としてのメリットを最大限に引き出して末永く、美しく使用出来るように配慮しています。

低価格

ドライカーボンは素材自体が高価であり、製造工程も複雑かつ大規模な設備が必要ですので、製品が高価であるというのが一般認識と思います。当社は自動車を中心とした外装パーツ(FRP、ABS、ウェットカーボン等)のデザインから製造まで長年に渡って携わっており、それらは大手メーカーや有名アフターメーカーのOEMまで行うほどの実績を積んできております。その経験を基にドライカーボン生産においてもたゆまない努力を続けて生産コストの抑制を実現しています。ぜひ一度お見積りのご用命をいただければ、今まで実現が難しいとお考えだったものが一歩現実に近づくかもしれません。

短納期

長年の経験と実績を基にデザインから量産までの時間を短縮するよう努めております。
試作やプロトタイプ製作など時間を費やす事が難しい依頼も多数引き受けてきており、納期に対しても最大限の努力を続けております。

原材料

当社のドライカーボン製品は東レ(http://www.toray.co.jp/)もしくは東邦テナックス(http://www.tohotenax.com)の素材を使用しております。これら2社は日本で唯一米国ボーイング社から正式に認定されており、高い品質が証明されています。また、周知の通りボーイング社は787をエアバス社はA380をこれからの主力機として生産を拡大するアナウンスを行っております。その他の需要の増加と合わせて原材料の入手が世界的に困難になり始めています。当社は長年の実績を基に現在安定した供給を確保しており、原材料不足にはなっておりません。また今後も各メーカーとの連携により持続して供給を監視していく体制を構築してまいります。